【自治体・事業承継補助金・最新情報!】神奈川・山形・滋賀・宮城

こんにちは!

補助金ガイドの岡本です。

 

今日のテーマは「事業承継の補助金」

 

現在募集中の地方自治体(都道府県レベル)ものをピックアップしています。

エリアは、

・神奈川県

・山形県

・滋賀県

・宮城県

になります。

 

事業承継系の補助金のポイントは【雇用の維持】

国や自治体としては「コロナでも従業員の雇用は維持してほしい」といったニーズをもっています。

そのため、補助金と雇用維持がセットになっているケースは多いです。

 

ちなみに、このサイトでは、補助金に関する情報を、県庁で補助金の審査をしていたわたし岡本が発信しております。

 

神奈川県・経営資源引継・事業再編事業費補助金

対象:神奈川県の事業者の方

内容:従業員の雇用維持(常勤8割以上)を前提とした事業承継を補助(人件費)

補助上限:100万円(従業員1人あたり10万円・3月分)

補助率:3/4

締切:2020年11月30日必着(予算で終了)

公式サイト:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/keieishigenhikitugi.html?fbclid=IwAR2SU_bQrPIvcuXElnx3YGpI8vtr8BbJM_1AOKIJNlzMYqa65Uwjbl5LEjU

 

山形県・事業承継・雇用継続奨励金

対象:山形へ移住・個人事業を承継、雇用を維持する場合、法人の事業承継で雇用を維持する場合

給付額:個人移住型50万円、法人譲渡型100万円

締切:2021年2月26日

受付:山形県内の市町村

公式サイト:https://www.pref.yamagata.jp/sangyo/shokogyo/shinko/7110013jigyosyoukeisyoureikin.html?fbclid=IwAR2SU_bQrPIvcuXElnx3YGpI8vtr8BbJM_1AOKIJNlzMYqa65Uwjbl5LEjU

 

滋賀県・事業承継トライアル補助(お試し事業承継)

対象:滋賀県の事業者の方

内容:第三者承継をマッチングし、お試し期間も設定(費用の一部を県が補助)。承継完了まで支援する伴走型

補助上限:50万円

期限:令和3年3月31日

公式サイト:https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/kigyou/312925.html?fbclid=IwAR2SU_bQrPIvcuXElnx3YGpI8vtr8BbJM_1AOKIJNlzMYqa65Uwjbl5LEjU

 

滋賀県・承継準備型事業承継補助金

対象:滋賀県の事業者の方

内容:第三者承継のデューデリ経費を補助

補助上限:30万円

補助率:2/3

期限12月28日12時(予算で終了)

公式サイト:https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/kigyou/311448.html?fbclid=IwAR2SU_bQrPIvcuXElnx3YGpI8vtr8BbJM_1AOKIJNlzMYqa65Uwjbl5LEjU

 

宮城県・事業承継支援体制強化事業補助金

対象:宮城県の事業者の方

内容:親族内及び従業員への事業承継の際の専門家(士業等)費用を補助

補助上限:25万円

補助率:1/2

締切:12月25日

公式サイト:https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/chukisi/jigyosyokei-covid19.html?fbclid=IwAR2SU_bQrPIvcuXElnx3YGpI8vtr8BbJM_1AOKIJNlzMYqa65Uwjbl5LEjU

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

上記の補助金は全て地方自治体の補助金なので、情報がつかみづらい面があります。

 

事業承継系の補助金は、「経営者の高齢化」に加え、「コロナで事業継続・雇用維持が厳しい」といった環境がありますので、ますます増えていくと思われます。

 

こちらのサイトでも、事業承継系の補助金をはじめ、最新の補助金情報を発信し続けますので、よろしければまたチェックしてみて下さい。

 

なお、上記情報は執筆時点の情報をあえて「わかりやすい形」でまとめていますので、申請をお考えの方は公式サイトから必ず最新の公募要領をご確認ください。