【元審査員が解説】IT導入補助金・採択事例【知らなきゃ損】

こんにちは!行政書士の岡本です。

神奈川県庁で補助金の審査をしていた経験があります。

 

このページでは、「IT導入補助金の採択事例」をコンパクトにご紹介しています。

 

IT導入補助金は、社内のIT化を助けてくれる使い勝手がよい補助金です。

このページを参考に是非、国から補助金をもらっちゃいましょう!

 

ちなみに、

「他に良い補助金ない?」

「IT導入補助金のコツは?」

こういったお悩みがあれば、遠慮なくお問い合わせください!

 

経費削減とセットで【無料診断・無料相談】に対応させていただいております。

 

POSレジシステムを導入した事例(飲食店)

【課題】

営業時間中は接客や調理等で忙しいため、売上データの集計は閉店後にせざるをえなかった。

 

また、レジ入力と会計システムが別であったため手間がかかっていた。

その結果、閉店後のレジ締め作業に負担感があった。

 

【導入したITツール】

POSレジと会計システムを連携させるツール

 

【導入効果】

POSレジに打ち込まれた売上データが会計に紐づくシステムのため、仕訳作業が自動化し、閉店後のレジ締め作業の時間が大幅に短縮できた。

 

また、仕訳作業の自動的により、締め作業が簡単になり、経験が浅いスタッフでも集計できるようになった。

 

会計システム・給与計算システムを導入した事例(旅館)

【課題】

会計システムや給与計算ソフトは使用していたものの、違う会社のシステムを使っていたため、データ連携ができず、無駄な作業が発生していた。

 

【導入したITツール】

同じ会社が提供するクラウド会計システム・給与計算システムに揃えた。

また、銀行信販データ受信機能、複数人が伝票入力できる機能等が備わったシステムを使うことにした。

 

【導入効果】

会計システムと給与計算システムが連携するようになった。

 

また、銀行信販データの受信機能を活用することで、ネット経由で金融機関から取引データを自動受信でき、仕訳を簡単に計上できるようになった。

 

複数人での伝票入力が可能になったため、経理・総務の業務時間が短縮された。

その結果、業績の把握も即時に可能となり、経営判断のスピードもあがった。

 

在庫管理システムを導入した事例(飲食店)

【課題】

売上はたっていたが、利益がでておらず、その原因もわからなかった。

 

【導入したITツール】

在庫管理システム・会計管理システム

 

【導入効果】

売上は立っているのに利益が出ていなかったため、仕入原価が適正でない可能性があった。

 

店長の経験でやってきた在庫管理をシステムにより、客観的なデータに基づき行えるようにした。

その結果、材料の廃棄が激減し、原価が減った

 

また、売上や顧客情報をデータで管理できるようになったため、顧客ニーズも可視化され、売上も向上した。

 

マーケティング・分析機能のある在庫管理システムを導入した事例(小売店)

【課題】

在庫管理をベテラン社員の勘に頼っていた

 

【導入したITツール】

過去の商品販売データをグラフ等で可視化できる在庫管理システム

 

【導入効果】

合理的な需要予測による適切な在庫管理ができるようになった。

在庫情報がリアルタイムに可視化されるため、経営判断のスピードがあがった。

 

システムが、季節やトレンド等のデータをもとに「いつ」「何が」「どれくらい」売れる可能性があるかを予測してくれるため、的確かつ素早い経営判断ができるようになった。

 

ベテランの経験に頼らずとも、誰でも明確な基準をもって在庫管理をすることができるようになったため、不良在庫が減った。

 

流通管理・在庫管理システムを導入した事例(ECサイト運営)

【課題】

複数のECサイトに同時に出店していたため、商品の在庫状況がリアルタイムに更新できず、受注後に在庫切れが発覚するケースが発生していた。

 

【導入したITツール】

複数のECサイトの登録情報を一元管理できるシステム

 

【導入効果】

1つのシステムにて情報を更新するだけで、すべてのECサイト在庫情報が一度に更新できるようになった

 

その結果、複数サイトで販売していても、欠品情報がリアルタイムで反映できるようになり、「実は売り切れだった」という状況を回避できるようになった

 

その結果、無駄な顧客対応が減ると共に、顧客満足度の向上にもつながった。

 

まとめ

いかがでしたか?

IT導入補助金は、色んな業界で使える便利な補助金です。

 

自社のIT化をする際には、必ず「IT導入補助金使えないかな?」という視点をもっておかないと、

「あっ補助金使えたんだ・・・。損した。。。_| ̄|○」

といったことになりかねません。

 

補助金は「知らなかったから損した」という性質があります。

また、国・県・市町村・財団と約3000種類もあるため、なかなか自社で探すのは難しいです。

 

当事務所では、

「うちに合う補助金ないかな?」

といったニーズに経費削減とセットで無料でお答えしています。

 

ご興味があれば、お問い合わせください。

↓クリックで問い合わせページにいけます