小規模事業者持続化補助金・様式2(顧客ニーズと市場の動向)書き方

こんにちは!

補助金ガイドの岡本です。

 

今回は、

小規模事業者持続化補助金・様式2(顧客ニーズと市場の動向)書き方

こういったテーマでお話をしていきます。

 

今回の記事の内容は、

・関連する審査項目

 

・3つの記載すべき事項

①市場動向

②顧客ニーズ

③市場環境と今後のスタンス

 

・採択されるためのプラスα

こういった構成になっています。

 

ちなみに、このサイトでは、補助金に関する情報を、県庁で補助金の審査をしていたわたし岡本が発信しております

 

 

小規模事業者持続化補助金・様式2(顧客ニーズと市場の動向)書き方

様式2の「顧客ニーズと市場の動向」は、とても大事な箇所。

なぜなら、ここでの市場設定がおかしいと、補助事業計画がずれてきてしまい、不採択のリスクがあがるからです。

 

つまり、「顧客ニーズと市場の動向」というのは、

・どんな業界なのか

・どんな商圏なのか

・どんなお客さんがいるのか

・どんなライバルがいるのか

こういった外部環境分析にあたります。

 

こういった外部環境の分析が適切でないと、持続化補助金はでません

なぜなら、持続化補助金は販路開拓のための補助金なので、市場ニーズがないところに税金を投入するわけにはいかないからです

 

ですので、

・適切に市場動向を把握している

・適切に顧客ニーズを把握している

・市場動向と補助事業の内容が合致している

こういった事を示さないと、「市場を考慮していない」と判断され不採択となる可能性があります。

 

 

なので、たとえば、補助金でホームページ製作を依頼したいなら、

近年、お客さんがネットで自社の業界の商品を探すようになった

こういった市場の動向を前提にしないと、

「補助金でホームページを作りたい」

といった事につながりません。

 

ですので、

「今の市場動向だと、たしかに補助事業の内容は必要だな」

こう審査員に納得してもらえるよう、「顧客ニーズと市場の動向」を記載しておく必要があります。

 

 

関連する審査項目

補助金に通るためには、審査事項をおさえておかなければいけません。

 

経営計画の「顧客ニーズと市場の動向」欄に関連する審査項目としては、

【Ⅱ加点審査】

自社の経営状況分析の妥当性

自社の製品・サービスや自社の強みを適切に把握しているか

 

対象とする市場の特性を踏まえているか

経営方針・目標と今後のプランは、自社の強みを踏まえているか

経営方針・目標と今後のプランは、対象とする市場(商圏)の特性を踏まえているか

こういった項目です。

 

これらを頭において、以下の記述をみていってください。

そうすれば、「なんでこう書くのか?」が理解できます。

 

なお、審査事項を詳しく知りたい方は、公募要領の「審査の観点」をご参照ください。

 

3つの記載すべき事項

 

「顧客ニーズと市場の動向」で記載すべき3つの事項としては、

①市場動向

②顧客ニーズ

③市場環境と今後のスタンス

 

この3つです。

以下、順番に解説していきます。

 

 

①市場動向

「市場の特徴」「事業環境」を書く

 

市場動向については、

・自社が所属している「市場の特徴

・自社製品をとりまく「事業環境

こういった事項を書きましょう。

 

つまり、

・自社を取り巻く業界の環境

・自社の商圏(地域)の状況

・最近の市場トレンド

・業界全体で問題となっていること

こういった市場や事業の環境について書くという事です。

 

なので、例えば、

「当市場の特徴としては、開業資金がかからず、新規参入が容易であるという点があげられる」

こういった「市場の特徴」を書いたりですとか、

 

「当市場は近年、新規参入過多の状態にあり、競合他社による値引き戦略が増えている」

こういった「事業環境」について書きましょう。

 

 

新規市場に出るなら特に重要

もしあなたが、今回の持続化補助金で、「新規市場に出店」する場合は、この「市場動向」がとくに大事です

なぜなら、新たな市場への進出においては、「市場動向」がとりわけ重要だからです。

 

つまり、

・全く需要がない業界に参入したところで売上はたたない

ですし、

 

逆に、

・市場が急拡大していて今参入すればブルーオーシャン状態

といったことであれば、新規参入者にもチャンスがあります。

 

市場が急拡大しているようなら、新たに進出する価値があります。

そうなると、「販路開拓」をテーマにした持続化補助金に採択される可能性は高いです

 

ですので、新規市場にでていくようであれば、「市場動向」についてキッチリ調べ、申請書に丁寧に記載することをおすすめします。

 

 

ライバルの動きにもふれておきたい

市場動向を語るうえでは、ライバルの存在も重要です。

なぜなら、いくら成長市場だとしても、ライバルが多すぎたら勝ち抜くチャンスが少なくなるからです。

 

ですので、

どういった競合が存在する市場なのか

最近の新規参入状況

市場をおびやかす他市場の商品

こういった事にもふれると良いでしょう。

 

そして、

・地域(商圏)の同業者の数

・地域の同業者が提供しているサービス

こういった事にもふれると、より説得力が増します。

 

 

市場動向を調べる方法

「〇〇業界 市場推移」といったキーワードで検索してみる

 

自社が所属する産業全体の市場動向について調べましょう。

そのためには、ネットの検索エンジンで「〇〇業界 市場推移」等と検索してみましょう。

 

ポイントは、通常の検索結果だけではなく、画像検索も活用するということ。

なぜなら、国の統計などを引用しているサイトがひっかかりやすく、自身が所属している業界情報を仕入れやすいからです。

 

その上で、その画像の引用元を確認する。

なぜなら、著作権法上、引用した場合は引用元を記載する必要があるため、「日本政策金融公庫〇〇景況調査より」といった感じの表記があるはずだからです。

 

そうして、引用元がわかったら、「日本政策金融公庫 〇〇景況調査」といったキーワードで再度検索をかける。

そうすれば、最新の情報がみつかりやすいです。

 

その中から、「良さそうなグラフ」をみつけられれば、業界動向がパッと見でわかりますし、申請書に引用して掲載することもできます。

 

 

ローカルな市場動向

そうやって業界全体の動向がわかったら、自社の商圏に関する話を展開していく。

ローカルなデータに関しては、地方銀行が資料をだしている場合はあります。

 

ですが、商圏によってはデータが何にもない場合も当然あります

その場合は、ご自身の経営者としての感覚で記載をしていきましょう。

 

 

市場動向の記載量

市場動向の記載は重要ではありますが、長文は厳禁です。

なぜなら、メインは補助事業計画になりますし、ダラダラと長く書くのは審査の観点からよくないからです

 

というのも、審査員は何百通もの書類を見ているため、コンパクトに必要な情報をまとめているほうが、良い心証を得られるからです。

 

ですので、3から5行程度の記載で問題ありません。

また、必要に応じて、「〇〇市場の動向」みたいな公的なグラフをつけておくと、見やすさはアップします。

 

 

②顧客ニーズ

まずは「売上・仕入れ先・販売先」といった客観的事項にふれる。

 

その上で、「顧客ニーズ」について言及しましょう。

 

なぜなら、客観的状況を踏まえたうえでニーズに言及したほうが説得力が増すからです。

 

 

売上・仕入れ先・販売先

ニーズの前提として、売上・仕入れ先・販売先について言及する

 

なぜなら、

・どのくらいの売上か?

・どういった販売先があるのか?

こういった事実をベースにしないと、顧客ニーズの説得力がでないからです。

 

ですので、自社には、

・どういった仕入れ先があり、

・それをどこに販売しているのか、

・販売のメインターゲットは誰なのか、

・そして顧客からどういった評価を受け、

・近年の売り上げはどう推移しているのか

こういったことを客観的分析事項をまずは書いていきます。

 

とりわけ、販売先(商圏)に関して、販路がネットとリアルでわかれているようなら、

ネット:全国

リアル:市内

といったようにしっかり分けて記載しましょう。

 

 

顧客ニーズ

その上で、「今顧客が求めていること」といったニーズ面について触れる

 

なかでも重要なのが、「近年顕在化したニーズ」。

なぜなら、近年、ニーズの多様化が業界を問わず顕著になっており、顕在化したニーズこそが小規模事業者のチャンス市場だからです。

 

この顕在化したニーズというのは、例えば、パン屋さんであれば、

・自分へのご褒美需要が増えていて、高級品へのニーズが増えている

こういったもの。

 

そして、この顕在化したニーズには、大企業よりも小規模事業者の方が対応しやすいです。

なぜなら、多様なニーズの中の1つとして、パッとでてきたニーズに対応するには、フットワークが軽い小規模事業者の方が素早く商品を投入できるからです。

 

ですので、もし仮にあなたが攻めようと考えているの市場が、ニッチで小さいものだとしても、堂々と書きましょう。

なぜなら、そういったニッチ市場こそが「小規模事業者ならではの小回り感」で戦える可能性が高いからです。

 

そして、「戦える可能性が高い」ということは「事業の実現可能性がある」とも言えます。

ですので、補助金審査的にはプラスに働くので、きっちり書いておきましょう。

 

補助事業との関連性も意識する

「顕在化したニーズ」については、「補助事業」との関連性も意識しましょう。

 

なぜなら、「補助事業」の取り組みが「近年顕在化してきたニーズ」を満たすものでなければ、補助事業の有効性が低くなってしまうからです。

 

つまり、「顕在化したニーズに対応するために補助金で事業するんじゃないの?」といった疑問をもたれる可能性があるという事です。

 

 

顧客ニーズがわからない時(困りごとから見つける)

もし「顧客ニーズがわからない」と迷われているようなら、お客さんの困りごとに目を向けると見つかりやすいです。

 

ビジネスの基本は、「困ってる人への価値提供」です。

 

「こんなサービスあったらいいな」

「こんな商品があれば便利なのにな」

こういった困りごとに対応することで、ビジネスチャンスがうまれます。

 

ですので、もしあなたが、

「顧客のニーズがいまいちわからない・・・」

と悩まれているようなら、

 

・顧客の意見や要望

・お客さんの困りごと

こういった観点から顧客ニーズをさぐってみましょう。

 

そして、

お客様へのアンケート

をとってみるのも良いでしょう。

 

アンケートをとると、

・顧客ニーズが把握しやすい

といった面はもちろん、

・申請書の説得力が増す

といった長所もあります。

 

つまり、回収したアンケートをもとに、

「顧客からは、〇〇の点で評価を受けているが、××の点で物足りないといったアンケート調査がある」

「そのため、△△といった顧客ニーズが考えられる」

といったようにまとめれば、申請書の説得力がアップし、採択へと近づけます。

 

 

③市場環境と今後のスタンス

市場環境をふまえ「自社はどういった事業展開をしていくのか」を書く

 

市場環境と今後のスタンスについて書いていきましょう。

 

つまり、

「自社の市場環境は高級志向へのニーズが増えている」

「そのため、高級市場への積極的な事業展開を実施していきたい」

 

こういった「市場環境を踏まえた今後の展開」について書いていくといことです。

 

そして、この「今後の展開」が「補助事業の取り組み内容」とマッチするようにしましょう。

なぜなら、市場の変化にマッチしているからこそ、補助金をいれてでも販路開拓をしていく意味があるからです

 

つまり、

「この補助事業は、近年の市場環境だと確かに必要だよな」

こう審査員に思わせることこそが、採択へ近づくポイントだからです。

 

 

ですので、

例:服屋さんがホームページを作っての販路開拓していく補助事業

なら、

・近年は、WEBで服を買う人が増えている(市場変化

・そのため、当社としても実店舗の在庫を積極的にネットオークションで販売している(事業展開

・だからこそ、自社のホームページを整備する必要がある(補助事業

こういったつながりを示す必要があります。

 

 

採択されるためのプラスα

以下は、必須というわけじゃありません。

書かなくても通る申請はあります。

 

ですが、もしあなたが「事業計画に自信ないんだけど」ということであれば、利用を検討してみてもいいかもしれません。

 

内容としては、

・業界にまつわる白書を引用する(例:中小企業白書)

・業界の統計データを引用する(例:国等の公的機関のデータ)

・業界新聞などを引用する

 

こういった根拠を示すと説得力が増し、採択へと近づきます。

 

 

まとめ

はい本日の記事は以上になります。

 

今日は、

・関連する審査項目

 

・3つの記載すべき事項

①市場動向

②顧客ニーズ

③市場環境と今後のスタンス

 

・採択されるためのプラスα

 

こういったお話をしてきました。

 

まとめると、

様式2「顧客ニーズと市場の動向」に記載すべき事項は3つ。

 

①市場動向

「市場の特徴」「事業環境」を書きましょう。

とくに、新規市場にでていくようであれば、「市場動向」についてキッチリ書いておくことをおすすめします。

そして、市場動向は、「〇〇業界 市場推移」といったキーワードで検索するとみつけやすいです。

②顧客ニーズ

ニーズの前提として、売上・仕入れ先・販売先について書きましょう。

その上で、「今顧客が求めていること」といったニーズ面について触れましょう。

③市場環境と今後のスタンス

市場環境をふまえ「自社はどういった事業展開をしていくのか」を書きましょう。

こういった内容でした。

 

本日の記事は以上になります。

 

なお、実際に補助金を申請される場合は、必ず最新の公募要領をご確認いただき、不明な点は補助金の事務局にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました !