個人向け住宅・リフォームをてがける
神奈川県の工務店さま

神奈川県の工務店様が使える補助金を解説

※ご視聴される場合1.5倍速が丁度良いです
※動画のスライド資料はこちらよりダウンロードできます

最大150万円補助! 広告・感染症対策に利用OK 小規模事業者持続化補助金
「コロナ特別型」最終回!

ホームページ作成も100万円まで補助

 

紙のチラシも100万円まで補助

 

消毒液等は50万円まで全額補助

当事務所のオペレーション

審査に通る!事業計画

専門士業による複数チェック体制

お客様の声

丁寧かつ迅速な対応でした!

長野豪洋さま ゴルフリサーチ株式会社 代表取締役

この度は本当に丁寧かつ迅速な対応をいただきました。

特に申請に必要な書面をサポートに至っては、誰が見ても納得できる明確なこれまでに作り得なかった資料を作り上げることができました。

物腰柔らかながらも繊細なヒアリングとアウトプットの能力について非凡な能力を持たれている方だと思われます。

全力でお勧めいたします。

1人では補助金申請は無理でした

香取優さま やさしさデザイン代表

事業計画など作成経験がないなか困っていたところ、岡本先生とのお打ち合わせでは事業内容などを簡潔にをまとめてくださり、頭の中を整理することができました。
また、事業計画の作成では丁寧に事業内容やアピールポイントを表現してくださり、大変良いものに仕上げて頂きました。
また困ったことがありましたら、お力をお借りしたいと思っております。
大変感謝しています。

事業計画が練りあがりました

三好潤哉 株式会社ダイナミックスパースンズ東京 代表取締役

今回は突然の依頼をお受けいただきありがとうございました。

補助金を通じて、事業計画を一緒に考えてもらった事で、事業がとてもクリアに練りあがりました。

書類作成もしっかりフォローしていただき大変助かりました。

また補助金や事業計画の困りごとの際は、ご相談させてください。

よくある質問

Q:丸投げできますか?

申し訳ございません。丸投げはできません。

なぜなら、補助金は許認可と違い、こちらだけでは事業計画を作れないからです。

 

また、丸投げした事業計画では、事業をこちら側が把握できないため、補助金に合格できません。

もっとも、せっかく事業計画を作るわけですから、「どうやったら売上があがるのか?」という事を一緒に考えさせていただき、補助金獲得以上の売上成果が出せるようご協力させていただいております。

 

Q:ZOOMができないのですが?

当事務所でもサポートをしておりますので、お気軽にご相談ください。

ZOOMの設定はこちらで行いますので、工務店様は、送られてきたリンクをクリックするだけですので、簡単です。

 

また、今後冬にかけてのコロナウイルスの流行を考えますと、「ZOOMで接客してほしい」といった個人のお客様からのご要望が工務店様にもよせらることが予想されます。

ですので、この機会にZOOMができる環境を整えてしまう事をオススメしております。

 

Q:ヒアリングシートを書かないとダメですか?

申し訳ございませんが、ヒアリングシートをご記入いただけない場合は申請をお断りしております。

なぜなら、ヒアリングシートに補助金合格の要素がつまっておりますので、ご記入いただかない事には、合格できないからです。

 

もっとも、ヒアリングシートは感覚的にご記入いただいてOKです。文章が通ってなくても問題ありません。

ひとまず「どういった事業をしているのか?」といった所がわかれば、こちらでブラッシュアップできますので、「一生懸命埋めていただく」という熱意を当事務所では重視しております。

 

Q:いつでも申込できますか?

申し訳ございません。当事務所での締切を設けさせていただいております。

具体的には、11月20日までにヒアリングシートをご提出いただく必要がございます。

また、早割は10月31日までのお申込・11月7日までのヒアリングシートのご提出が必要となります。

なお、大変たくさんのご相談をいただいておりますため、上記の締切前でも受任制限をかけさせていただく(お断りさせていただく)こともございます。

お早めにご相談いただけるとありがたいです。

元神奈川県庁の補助金審査員が 「ホームページ作成」「チラシ・DM」「消毒液やマスク」に使える補助金申請をサポート!

神奈川県庁建設業課出身
元県庁補助金審査員

プロフィール

岡本健太 経営コンサルタント・行政書士
・神奈川県立湘南高校卒
・中央大学法学部法律学科卒
・明治大学法科大学院卒(法務博士)

神奈川県庁入庁後、建設業課にて許認可業務・国家試験作成業務(宅建)、立入調査業務等に従事。建設業・宅建業に関しては、立入基準・審査基準等、内部事情にも精通。知事アテンド業務、イベント開催(スポンサー営業)、補助金審査業務等に従事し、財務コンサルティング事務所にて研鑽後、独立。

建設業課・補助金審査の経験をいかし、補助金・融資といったお金周りの専門家として建設業をサポートしている。単なる補助金申請にとどまらず、経審対策・資金繰りまで支援をしている。

WEBマーケティングも得意としており、ネットを使った会社の売上アップにも貢献している。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者のための、

販路開拓のための補助金で、

・ホームページ作成費用

・チラシ作成費用

・店舗改装費用

などの経費が支援されます。

 

補助額:100万円+事業再開枠50万円

補助率:4分の3

なので、

約50万円の経費のみで【約133万円分の広告+アルコール等の感染防止経費50万円】がカバーできます。

(※広告予算約133万円-補助金100万円+当事務所の申請手数料15万円=48万円(消費税は別途必要。非対面ビジネスへの転換を想定))

 

 

 

持続化給付金とは違う

「持続化補助金」は、「持続化給付金」とは違います

 

あくまでも補助金なので、

国の審査を通った事業のみが補助されます

ですので、持続化給付金のように要件を満たせば誰でももらえるものではありません。

 

事業再開枠(上乗せ枠がある)

採択された事業に、コロナウイルスの感染対策費用を上乗せ補助する枠組み

・上限50万円補助率100%=全額補助

・「消毒液・マスク・フェイスシールド」などの消耗品も対象

 

補助金申請の流れ

事業計画書などの書類を作成し、申請

審査

採択・交付決定(※補助金の合否決定)

事業着手・経費の支払い(銀行振込が原則)

補助事業期間内に事業を完了

実績報告(報告書・領収書等を提出)

補助金入金(事業報告に問題がなければ)

※原則後払い。ただし、売上が20%減少している場合のみ半額を事前(合格時)にもらうことができます

 

スケジュール

(コロナ特別対応型)

第1回:2020年5月15日

第2回:2020年6月5日

第3回:2020年8月7日

第4回:2020年10月2日

第5回:2020年12月10日(木)※最終回

料金

着手金5万円+成功報酬15%

※成功報酬の下限は10万円となります
※上記の価格に消費税は入っておりません
※不採択の場合、申請を断念された場合でも着手金の返金はありません
※業務内容は申請書の事業計画部分の作成になります(詳細は契約書によります)

PAGE TOP
MENU