コロナ融資の売上減少要件が緩和!【無利子・無担保で借りるチャンス】

こんにちは!行政書士の岡本です。

今日は、「売上減少幅が少なくて、今までコロナ融資(実質無利子・無担保)を借りられなかった事業者様向け」の融資情報です。

 

【ざっくり結論】
〇今までコロナ融資(実質無利子・無担保融資)が借りれなかった会社もチャンスあり

〇理由は、売上減少要件が緩和されたから(「直近6ヶ月平均」で前年同期と比較可能になった)

〇緊急事態宣言の再発令の今だからこそ資金確保を!

 

ちなみに、出典は中小企業庁の2020年12月8日付で中小企業庁の発表に基づいています。

【中小企業庁】「政府系・民間金融機関による実質無利子・無担保融資の要件を緩和します」

https://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2020/201208yuushi.html

 

コロナで不景気が見込まれます。

せっかくの実質無利子・無担保融資のチャンスだからこそ、下記の情報を参考にしてみてください!

 

以前までの要件(売上減少について)

直近1カ月の売上高のみで比較していた

 

【創業して1年1か月以上経過した会社】
「最近1ヵ月の売上高」「前年同期」or「前々年同期」と比較して、5%以上減少しているならOK(借りれる)

 

【創業3ヵ月以上1年1ヵ月未満の会社】
「最近1ヵ月の売上高」が次のいずれかと比較して、5%以上減少していればOK(借りれる)
過去3ヵ月(最近1ヵ月を含む)の平均売上高

令和元年12月の売上高

令和元年10月から12月の平均売上高

 

このように、「最近1か月の売上でみる」というのが今までのコロナ融資の要件でした

そのため、実質無利子・無担保融資を利用できない事業者さんもいました。

 

新しい要件は?

「直近1ヶ月の売上」だけでなく「直近6ヶ月平均の売上」でも申請できるようになった

 

つまり、

現行の「直近1ヶ月の売上」の前年同月との比較に加え、

「直近6ヶ月平均の売上」の前年同期とのの比較でも借りられるようになりました

 

例えば、

創業1年1ヶ月以上の事業者さんで、

・最近1か月の売上:300万円

・前年同月の1か月の売上:305万円(2%減)

・前々年同月の1カ月の売上:310万円(3%減)

こういった場合、5%の減少にはなっていないので、コロナ融資(実質無利子・無担保)は借りられませんでした

 

ですが、

・直近6カ月の平均売上:300万円

・前年同期の平均売上:320万円(6%減)

こちらで5%減少を満たすので、コロナ融資(実質無利子・無担保)が借りられる可能性がでてきます。

 

好調な事業者さんがコロナ不況に備える改正

実質無利子・無担保融資を使って攻めるチャンス

 

「新型コロナウイルスの影響はあったけど、企業努力でのりきった」

こういう会社さんは、コロナ融資(実質無利子・無担保融資)を受けられない傾向にありました。

 

しかし、今回「売上げ6か月平均」でも借りられる可能性がでてきましたので、借りられるチャンスがアップしました。

今後、コロナの影響で、変化が求められます。

 

もっとも、変化には投資が必要、つまり、お金が必要ということです。

そのお金を実質無利子・無担保融資で確保するチャンスでもあります。

 

「知らなかったから損した」とならないために

「コロナに負けず会社を残す」ために最新の金融情報を提供しています

 

政府の新型コロナウイルスに関する支援制度は、日々変化しています。

今回ご紹介した実質無利子・無担保融資もその一つです。

 

こういったお金の情報は「知らなかったから損した」ということになりがち。

そうならないためにも、当事務所では補助金・融資・経費削減に関する情報を発信しております。