なぜ?

それでも、良い人材を採用できたのか?

その秘密を公開します

さらに今なら、

求職者の心をグッとつかむ求人原稿テンプレートなど

7つの豪華特典もプレゼント!

電子書籍・動画講座等
【申込フォーム】

※岡本事務所のメールマガジンにご登録させていただき、採用や補助金等の情報をお伝えします。
※メールマガジンは無料で、いつでも解除できます。

こんな悩みありませんか?

✅ 求人広告に50万円も払ったのに応募がない・・・

 人材紹介に100万円も払ったのにすぐ退職された・・・

✅ 良い人が応募してこない・・・

✅ ハローワークじゃ人が集まらない・・・

✅ 欠員補充にいつもおわれている・・・

✅ 残ったスタッフが疲弊してきた・・・

✅ 社長の右腕がなかなかとれない・・・

✅ 自分で動くスタッフがほしい・・・

✅ ナンバー2に社内をとりしきってほしい・・・

✅ 新事業をやりたくても人が足らない・・・

この動画講座で学べること

✔ 求人広告を使わずに応募を集める方法

✔ 人材紹介から脱却できる方法

✔ 福利厚生PRに頼らなくても応募が集まる方法

✔ 将来のナンバー2を採用できる方法

✔ 自社にフィットする人材をうきぼりにする方法

✔ 元気のよい若手を採用する方法

✔ 求職者のハートをグッとつかむ求人原稿の書き方

✔ スマホで求人検索をした時に見つけてもらえる方法

✔ 無料掲載可能な世界で一番見られている求人検索サイト

✔ 求人広告を使わずに採用できた事例

電子書籍・動画講座等
【申込フォーム】

※岡本事務所のメールマガジンにご登録させていただき、採用や補助金等の情報をお伝えします。
※メールマガジンは無料で、いつでも解除できます。

求人広告・人材紹介なしで採用できる秘密を公開

初めまして、岡本健太と申します。

私は日頃、採用定着士・行政書士として、求人広告なしで良い人材を採用できる支援をさせていただいています。

これを読んでくださっているあなたは、良い人を採りたいけど、

「本当に求人広告なしで採れる方法なんてあるの?」

「本当に人材紹介に高額なお金を払わなくても良くなるの?」

「本当に良い人は採れるの?」

といった不安をお持ちではないでしょうか?

実際、相談者様はみなさんそういった不安をお持ちなので、その気持ちはよくわかります。

でも大丈夫です。

今は、スマホで求人を探す時代になっているため、スマホで検索した時に自社の求人を見つけてもらえ、求人原稿で自社の考え方や魅力を伝えれば、良い人材を集めることはできます

そのための方法が、「自社採用サイトを作って、スマホ検索で見つけてもらい、魅力的な求人原稿で応募を引き寄せる」といった手法なんです。

この方法を使えば、スマホで「営業 横浜 求人」といった検索をした時に、見つけてもらえるようになります。

そして、求人広告と違ってスペースが自由になる自社採用サイトを使うので、自社の社風や理念がきっちり伝えられ、採用のミスマッチを減らせます。

その結果、求人広告や人材紹介にムダなお金を使わなくても、定着する人材が採用できるようになります。

今回の動画講座では、その仕組みを詳しく解説いたします。

ただし、注意も必要

残念ながら、「単に自社の採用サイトを作れば応募が集まる」といったわけではありません。

求職者がスマホで検索した時に上位表示されるサイトに掲載し、自社の求人を見つけてもらう必要があります。

また、求人を見つけてもらっても、求職者のハートをグッとつかむ求人原稿を作らないことには応募は集まりません。

さらに、いくら応募が集まっても、良い人がいなければ意味がありません

しかし、ご安心ください

今回の動画講座では、「自社の求人を広く知ってもらう方法」をお伝えします。

また、求職者のハートをグッとつかむ求人原稿の書き方もお伝えしています。

福利厚生PRだけに頼らず、自社にフィットする人材が集まる方法もお伝えします。

ですので、この動画をも見ていただければ、良い人材が集まる方法がわかります。

全国1000社以上の実績

人材紹介から脱却できた事例
障がい者福祉事業でも採用できた事例

このように、私が所属する一般社団法人採用定着支援協会では、一般的に不人気とされる「介護福祉業界」でも応募を集められ、事業所にフィットする人材を獲得できています。

電子書籍・動画講座等
【申込フォーム】

※岡本事務所のメールマガジンにご登録させていただき、採用や補助金等の情報をお伝えします。
※メールマガジンは無料で、いつでも解除できます。

全国200名以上の専門家ネットワーク

岡本も所属する一般社団法人採用定着支援協会の書籍(労働新聞社)

岡本は、一般社団法人採用定着支援協会所属の採用定着士です。

採用定着士は、採用を専門とする社会保険労務士を中心とした組織で、全国に200名以上おり、日々最新の採用事例を共有しています。

どういう求人をすると応募者がたくさん集まるのか

面接に来てもらうためにはどうすればいいのか

内定を辞退されないためにはどういったフォローをすればいいのか

こういったノウハウと事例を蓄積していっています。

介護福祉といったいわゆる不人気とされる業種でも「応募を集め、事業所にフィットする人を選ぶ」ノウハウはあります。

こういったノウハウを適用すれば、事業所の3年後を支えるコア人材を獲得する事が可能となります。

動画講座の一部をご紹介します

【第1回】

✓ スマホ時代に応募を集められる方法とは

✓ 世界で一番みられている求人検索サイトとは

✓ 実際に採用できた事例の紹介

【第2回】

✓ 3年後のナンバー2を獲得する方法

✓ 日本トップ企業が行った話題の採用戦略とは

✓ 社長が本気で右腕を採りにいった事例を紹介

【第3回】

✓ いま、一番応募が集まるサイトとは

✓ 世界No1サイトに無料掲載する方法&注意点

✓ 世界ナンバー1サイト内で目立つための対策

【第4回】

✓ 自社にマッチする人材を集める下準備

✓ 応募者の心をゆさぶる求人原稿の書き方

✓ さらに求人原稿を魅力的にするコツ

電子書籍・動画講座等
【申込フォーム】

※岡本事務所のメールマガジンにご登録させていただき、採用や補助金等の情報をお伝えします。
※メールマガジンは無料で、いつでも解除できます。

今だけ!【採用に役立つ7つのプレゼント】

メルマガ登録で7つの採用ツールも全部プレゼント!

プレゼント①

Amazonにて好評発売中

プレゼント②

プレゼント③

プレゼント④

プレゼント⑤

プレゼント⑥

プレゼント⑦

電子書籍・動画講座等
【申込フォーム】

※岡本事務所のメールマガジンにご登録させていただき、採用や補助金等の情報をお伝えします。
※メールマガジンは無料で、いつでも解除できます。

採用に困らなくなると

✅ 社長の指示がなくても自分で考えて動く社員が増えます

✅ 社長の頭の中にある新事業も「人がいない・・」とあきらめなくてよくなります

✅ 社長の右腕となるナンバー2も育ち、仕事を任せられるようになります

追伸

求人広告や人材紹介に多額の費用をかけたけど、良い人材が獲得できなかった事業者様はぜひご覧ください。

求人広告や人材紹介よりも「自社採用サイトを作って、スマホ検索で見つけてもらい、求職者目線の求人原稿を書く」といった手法の方が、良い人材が集めやすいです。

なぜなら、今の「スマホで仕事を探す」という時代にフィットしているからです。

というのも、スマホの保有率が90%を超え、みんなが「営業 横浜 求人」とスマホで検索するようになりました。わざわざハローワークに足を運ぶなんて事もありません。

ですので、スマホ検索をした時に、いかに見つけてもらえるかがカギになってきます。

もっとも、スマホ検索をした時に、上位表示されるのは、求人サイトではありません。

indeed等の「自社採用サイトの情報を集めた求人検索の総合サイト」が上位に表示されます。

なので、自社の採用サイトを作って、indeed等に露出すれば、わざわざ求人広告をうつ必要はありません。

しかも、自社採用サイトなので、求人広告のようなスペースや表現の制約はありません

そのため、「自社の考え方」「社長のキャラクター」「どういう人が働いているか」「どんな仕事をするのか」といった事を思う存分アピールできます。

そうすることで、求職者とのギャップが解消され、定着人材を採用できるようになります。

その結果、会社の風通しがよくなり、主体的に動く社員も増え、社長の右腕となる存在も育っていきます。

そうなると、新事業の展開を始め、会社の3年後をみすえた組織設計が可能になります。

逆に言うと、何ら対策をしないと、「良い人材」どころか「人が採れない」といった状況におちいります。

なぜなら、少子化で人口が急激に減っていますし、中小企業は大企業と比べて採用が厳しい現状があるからです。

だからこそ、採用に本気で取り組む必要があるんです。

そのために役立つ情報を動画講座やメルマガでお伝えさせていただきます。

メルマガ自体はいつでも解除できますので、無料で公開している今のうちにご覧ください。

電子書籍・動画講座等
【申込フォーム】

※岡本事務所のメールマガジンにご登録させていただき、採用や補助金等の情報をお伝えします。
※メールマガジンは無料で、いつでも解除できます。

代表プロフィール

岡本健太

採用定着士・行政書士

神奈川県立湘南高校卒

中央大学法学部法律学科卒

明治大学法科大学院卒

一般社団法人採用定着支援協会所属

神奈川県庁入庁後、補助金審査・監査・知事アテンド業務等に従事後、独立。

補助金サポートをする中で、「補助金で新事業をやるにしても、人がいない」という問題に直面し、「人(採用)とお金(補助金)」両面での支援を始める。

現在は、「ブラック企業はともかく、良い会社に採用をあきらめてほしくない」というモットーのもと、採用定着のサポートを中心に活動している。

特に、「障がい福祉事業所に通う子をもつ親」という立場から、保育園・介護事業所・障がい福祉事業所といった福祉施設の支援に力をいれている。

【主な書籍】

・中小会社で活用できる「補助金」のことがわかる本(セルバ出版)

・30人以下の中小企業が求人広告なしで定着人材を採用する方法(Amazon)

・障がい福祉事業者のための定着人材採用マニュアル(Amazon)

特定商取引法の表記&プライバシーポリシー