持続化補助金「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」書き方

The following two tabs change content below.

岡本 健太

障がい福祉専門の行政書士。神奈川県庁で許認可審査・補助金審査をしていた経験を生かし、指定申請のみならず、補助金・経費削減といったお金周りのサポートもしている。「理念と経営を両立させた福祉事業所を1つでも多くサポートする事」がミッション。著書に、中小会社で活用できる「補助金」のことがわかる本(セルバ出版)がある。

こんにちは!

行政書士の岡本です。

今回は、

持続化補助金「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」書き方

こういったテーマでお話をしていきます。

今回の記事の内容は、

・関連する審査項目・3つの記載すべき事項

①自社商品とメイン顧客

②自社の強みと評判

③課題と解決策

こういった構成になっています。

持続化補助金「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」書き方

「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」の欄を、サラッと書いてしまう人が多いです。

ですが、持続化補助金の申請書において最も重要な項目といえるのでしっかり書いたほうがよいです。

とういのも、

「自社や自社の商品(サービス)に、どんな実績や魅力、特徴があるのか?」

これがわかっていないことには、補助金で事業をしても、成功する可能性が低いからです。

つまり、審査員に、

「この会社、自社の事すらわかってないよね」

なんて思われてしまうと、

「補助事業もこの会社の強みにフィットしていないよね」

なんて評価され、

不採択

となる可能性があるということです。

ですので、

自社の強みをしっかりと把握しているよ!

とアピールし、

「自社の強み」を補助事業(補助事業計画)に反映させる

これが補助金採択への成功ルートとなります。

関連する審査項目

補助金に通るためには、審査事項をおさえておかなければなりません。

「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」に関連する審査項目としては、

【公募要領・審査の観点】

Ⅱ加点審査

①自社の製品・サービスや自社の強みを把握しているか

この項目になります。

このように、「自社の強み」は、加点としてハッキリ明記されている項目です

ですので、キッチリ書いておく必要があります。

3つの記載すべき事項

「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」に記載すべき事項は、

①自社商品とメイン顧客②自社の強みと評判

③課題と解決策

この3つになります。

なかでも、大事なのは「②自社の強みと評判」

ですので、②を中心に解説していきます。

①自社商品とメイン顧客

自社の強みの前提事実を書く

つまり、

・中核商品

・中核商品の売上割合

・主な顧客

これを書くという事です。

なぜなら、

「どんな商品がメインなのか?」

「その商品はどのくらいの売上割合なのか?」

「誰が商品を買ってくれているのか?」

こういった事は、「自社の強み」を伝える前提になるからです。

②自社の強みと評判

ここがメイン!3つくらい強みを書く

「自社の強みと評判」として、

・自社が他社よりも優れている点(強み)

・それを裏付けるお客さんの評判

こういった事を書きしょう。

例えば、

・自社のセールス実績

・自社の主力商品の魅力・特徴

・経営者のキャリア、実績

こういったものを書きましょう。

更に言うと、

「〇〇セレクションで金賞をとった」

「ヒット商品が地元紙にとりあげられれた」

「〇〇大臣賞をとった」

こういった裏付けがあるものだとより説得力が増します。

たまに10個くらい強みを書く方がいらっしゃいますが、正直、おすすめはしません。

3つくらいで十分です。

なぜなら、たくさんあっても審査員の印象に残らないからです。

多量の審査をしている審査員の立場をふまえると、記憶に残るのは「3つ」くらいが限界です。

「お客様の評判」は欲しい

自社の強みを裏付ける「お客様の評判」はのせたほうがいいです。

なぜなら、説得力が増すから。

つまり、いくら「これが自社の強みです!」と言い放ったところで、

「それ、ホント?ライバルだってやってるよね?」

といった疑念は残ります。

ですので、「疑念を解消する努力」をすべきです。

そこで、

「こういった評判をお客様からいただいています」

と書いておくことで、自社の強みに客観性がうまれ、疑念を解消できます。

こういった意味では、

・公的機関の表彰歴(例:県知事賞)

・新聞にとりあげられた事実

・楽天で売上1位をとった

こういった話を書いておくと、自社の強みに客観性がうまれ、より点数が稼げます。

自社の強みの見つけ方

絶対に強みはみつかる!

こういった話をすると、

「うちは零細企業なんで強みなんてないですよ・・」

と話される社長さんがいますが、けっしてそんなことはありません!

別に、

「上場企業に勝て!」

といった話ではないんです。

「うち街の中なら、サービスを気に入ってくれて、リピートしてくれるお客さんがいる」

こういったレベルで十分です。

そして、リピーターさんがいるようでしたら、あなたの会社になんらかの魅力があるから何度も足を運んでくれているはずなんです。

なので、「強みがない」なんてことはないんです。

ステップ1:とにかく書き出してみる

まずは、何個でも思い浮かんだ強みを書き出しましょう。

「お客さんからこういったお褒めの言葉をいただいたな」

「この商品なら自信あるな」

こういった事を糸口にとにかく書き出す。

3つにしぼるのは後で大丈夫。

とにかく思いつくままに書いてみましょう。

ステップ2:ライバルと比べてみる

次に、ライバルと比べてみましょう。

地元でも必ず同じようなお店がありますよね?

そういったライバルを思い浮かべてみて、

「うちはどこが優れているのかな?」

と考えてみましょう

そして、ステップ1で書き上げた「自社の強み」候補たちを1つ1つチェックしながら、

「これはライバル店よりたしかに優れているな」

と客観的に比べてみましょう。

このステップを踏むことで、自社を客観視でき、適切な「自社の強み」を選択できるようになります。

ステップ3:3つにしぼる

最後に、3つにしぼりこみましょう。

なぜなら、審査員の印象に残るのは3つくらいが限界だからです。

「強み」の具体例

参考までに、過去採択された申請書をもとに、「強み」の具体例をあげておきます。

「強みの具体例」

・〇〇大臣賞を受賞した味・希少な原材料から作られた〇〇

・何度もメディアにとりあげられた情報発信力

・〇〇エリアで唯一の希少性

・特許権も取得した〇〇

・〇〇エリアでない××加工技術

・業界最短レベルの短納期対応

・勤続40年の熟練工がいること

・〇〇認証をうけた××技術

③課題と解決策

「課題と解決策」も書いておきましょう。

こう言うと、

「なんで自社の強みのところに課題を書くのさ?」

と思われるかもしれませんね。

なんで課題を書くかというと、「補助事業計画につなげるため」です。

つまり、

「うちの強みは〇〇です!」

「でも、××といった課題はあります」

「そのため、△△といった課題解決策にとりくんでいます」

こういった流れを示しておくことで、後にくる補助事業計画にスムーズにつなげられます。

「自社は強い。無敵である」

これだけじゃ、補助金入れる必要性ないですもんね(苦笑)

「強みはあるけど、課題もある」

だからこそ、

「補助金使って課題を克服する必要がある」

こういった流れを作っておくことで、説得力がうまれます。

まとめ

はい本日の記事は以上になります。

今日は、

・関連する審査項目・記載すべき事項(3つ)

①自社商品とメイン顧客

②自社の強みと評判

③課題と解決策

こういったお話をしてきました。

本日の内容は以上になります。

なお、実際に補助金を申請される場合は、必ず最新の公募要領をご確認いただき、不明な点は補助金の事務局にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました !